© 2017 Chiharu Abe

November 3, 2019

 ご無沙汰しました。ここのところ演奏、オケの楽譜係、自分の研究と盛りだくさんです。コンチェルトケルンの第3回目ワーグナー企画コンサートも無事終わり、再来年のラインの黄金に向けて、これから色々な策を練っていこうと頭をひねっています。

 さて今週の金曜日に東京・早稲田スコットホールギャラリーというこじんまりとしたレンガ壁の空間でちょっとした演奏会を企画しています。テレマンの無伴奏ヴァイオリンのためのファンタジア集全12曲がプログラムです。この曲集、ヴァイオリンを習う人は教材として出会うことの多い、結構知られている小品集なのですが、実はなか...

November 28, 2018

先日岩手日報に寄稿したエッセーです。11月23日付。

November 28, 2018

すっかりご無沙汰しています。

さて12月1日に東京・大塚のラリールという素敵なホールでリュートとのコンサートを開催します。バロック初期からタルティーニまで、バロックと言っても自分で弾いてみてもこんなにスタイルが違うのに新鮮な驚き。

その後、12月4日は盛岡です。明治末期の建物での演奏です。

気軽に楽しんでいただけるよう、説明を入れながらのコンサートです。

当日用のプログラム解説はこちらです。

 今日のプログラムは1600年頃に現れた新しい形式から、後にハイドン・モーツァルトといった古典派の音楽へと繋がっていく18世紀半ばまでを順に追う内容です...

May 13, 2018

  ケルンで2011年から毎年企画されている現代曲の音楽祭、Acht Brücken ( 8つの橋)の最後のコンサートに参加しました。

 古楽器なのになぜ、と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、古楽器特有の音色や表現の可能性を素材として用いる手法が作曲家に結構人気で、先日のプログラム3曲中2曲はモダン楽器のアンサンブルとバロックアンサンブルを同時に用いたものでした。モダン楽器は442Hz、古楽器は417Hzでの演奏です。

 一曲目はスペイン・カタロニアの若手作曲家Hèctor Parra ( 1976 - )のOrgiaという曲で、...

January 24, 2018

 ニューヨークに何年かぶりに来ています。昨日は同僚とMoMA(ニューヨーク近代美術館 ) をじっくり観てきました。メトロポリタン美術館には数回行きましたが、MoMAは今までチャンスが無く、前回はミュージアムショップでお土産の写真集を買っただけ。

 午前中は雨が降ったり止んだりのお天気。その中散歩がてらぶらぶらと歩いてMoMAへ。

高層ビルの頭が雲に隠れていました。

  MoMAではちょうどルイーズ・ブルジョワの特別展が開催されていました。1911年にパリ近郊で生まれ、ソルボンヌで数学と幾何学を専攻していた時に母親が亡くなり、それがきっかけ...

January 21, 2018

  先週末、ちらっとマルタに行ってきました。コンチェルトケルンのツアーです。

イタリア・シチリア島のさらに南、小さな国です。欧州連合に加盟しており通貨はユーロ。1964年に独立するまではイギリス領だったので英語も公用語、イギリスのお年寄りがバカンスを楽しむにはうってつけらしく、暖かで明るい地中海を楽しむ方が多いようです。日本からの観光客も意外と多いようですね。いくら暖かとは言えやはり冬、風が強いとかなり冷えます。

 新石器時代からの古い歴史がある島で、巨石文明の遺跡は観光スポットの一つです。

 空き時間を利用して仲間とタクシーでイムディー...

January 4, 2018

 新年明けましておめでとうございます。昨年は皆様に応援していただき、素晴らしい経験を得ることができました。今年もマイペース、健康第一でいきたいと思っております。

 お正月になぜクリスマスかというと、キリスト教暦の上ではまだクリスマスは終わっていないからなのです。もちろんキリスト教にも様々な宗派があり、お祝い事もその宗派によって違うのですが、クリスマスの儀式は新年に入っても続きます。(第6部は顕現節のためのカンタータで、1735年1月6日に初演されました。)

 12月にバッハ・クリスマスオラトリオのツアーで、オランダ各地、ドイツのブラウン...

December 20, 2017

降臨祭(クリスマスの4週間前から始まる)の時期になるとドイツのどの家庭でも作るのがクッキー。この時期ならではの香辛料が効いたレシピが各地に伝わっています。当時貴重だった砂糖やナッツ類、それにシナモンなどの東方からの香辛料を使って数週間保存のきくものを作ったのが、代々伝わってきたのでしょうね。

日本の女性誌にはこの時期おせちの特集が載りますが、こちらでは11月になるとクリスマスのご馳走、そしてこのクッキーのレシピが特集記事になります。

さて今年の我が家のクッキー。

今年は時間が取れないから無理かもよと言っておいたのですが、そりゃ仕方ないよね...

December 16, 2017

12月4日、新宿オペラシティ・近江楽堂での演奏会にはいろいろな方がいらしてくださいました。ありがとうございました。楽しく演奏させていただきました。

こちらはオペラシティのクリスマスツリー。

中学の同級生が滋賀からわざわざお花を贈ってくれました。何十年ぶりのコンタクト、びっくりです。本当にありがとう!

その後ドイツに戻り、休む間もなくすぐに仕事が始まりました。なんせシーズンです…。

いよいよクリスマスまで10日を切り、明日はドイツでは第3アドヴェント( 待降節 )です。

もちろんクリスマスマーケットはすごい人ごみ。

こちらはケルン大聖堂前。

私が個...

December 16, 2017

今日本で人気のドイツのクリスマス菓子シュトーレン。もともとは保存食で日持ちがするのですが、カサカサの生地になりがち。これを耐熱の蓋つき瓶に詰め、蓋なしの状態で焼いた後、熱々のうちに蓋をします。こうすることでしっとりとした美味しいシュトーレンが簡単にできます。今年のヒット作でした。

もちろん、普通に焼いても美味しいです。発酵の終わった生地を丸めてから丸く伸ばし、両端を中に折り(3つ折り)おくるみのようにします。一説では、赤ちゃんイエス様のおくるみを真似したものだとか。

材料  ( 290mlの蓋つき瓶 6 個と370mlの蓋つき瓶 2 個...

Please reload

Search By Tags
Please reload

アーカイブ
最近の記事
Please reload

ケルンからこんにちは

ドイツ/ケルンに在住のヴァイオリン弾きです。

ドイツから徒然草をお届けします。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now