ケルンからこんにちは

阿部千春です。ドイツから徒然草をお届けしています。

Recent Posts

瓶詰めシュトーレン


今日本で人気のドイツのクリスマス菓子シュトーレン。もともとは保存食で日持ちがするのですが、カサカサの生地になりがち。これを耐熱の蓋つき瓶に詰め、蓋なしの状態で焼いた後、熱々のうちに蓋をします。こうすることでしっとりとした美味しいシュトーレンが簡単にできます。今年のヒット作でした。

もちろん、普通に焼いても美味しいです。発酵の終わった生地を丸めてから丸く伸ばし、両端を中に折り(3つ折り)おくるみのようにします。一説では、赤ちゃんイエス様のおくるみを真似したものだとか。

材料 ( 290mlの蓋つき瓶 6 個と370mlの蓋つき瓶 2 個分 ):

レーズン 440 g  ( お好みで乾燥なつめや乾燥イチジク、乾燥アプリコットなどを細かく切っても美味しいです。)

レモンピール、またはオレンジピール 65g ( 細かくみじん切りに)

アーモンド 100g ( 細かく砕く)

ラム酒 大さじ6

無農薬レモン 1個 ( 皮はすりおろし、果汁を絞っておく)お好みで2個でも。

牛乳 140ml

強力粉 500g

生イースト 42g

( ドイツでは1個がこの大きさの塊で売られています。ない場合はドライイースト11g )

砂糖 大さじ1 + 60g

塩 ひとつまみ

お好みで 香辛料 (シナモン、ナツメグ、カルダモンなど ) 合わせて小さじ1 〜 2

バター 250g

仕上げ用

バター 100g

粉砂糖 100g

瓶の内側用

バター 適量

アーモンドプードル 大さじ3〜4

作り方

1. レーズン、レモンピール、細かく砕いたアーモンド、ラム酒、レモンの皮のすりおろしとレモン汁を合わせ、1晩、できれば数日漬けておく。

2. 牛乳を人肌程度に温めておく。大きなボールに強力粉を入れ、真ん中にくぼみを作る。そこに温めた牛乳を入れ、大さじ1の砂糖、イーストを細かくちぎって牛乳に加える。その上から強力粉を蓋になるようにふりかけ ( 混ぜない )、ボールに布巾をかけて室温で20分発酵させる。

3. 塩、香辛料、砂糖60g、細かくサイコロ状に切ったバター250gを2.のボールの強力粉のくぼみの周りに置いて、手でボールの中身全部を捏ねる。生地が滑らかになってきたら、1.のレーズンその他を加え、全体を一つに捏ねまとめる。

4. 再びボールに布巾をかけ、暖かい場所で1時間ほど発酵させる。

5. 瓶を洗って水気を布巾で取り、指でバターを内側に塗る。アーモンドプードルを振っておく。

6. 発酵が終わった生地を強力粉を振ったまな板、または台の上に取り、2、3度捏ねてガス抜きする。包丁で8つに切り分ける。この時2つは大きめの瓶用に大きめに切り分けておく。

7. 5の瓶に丸めた生地を詰める。上からよく押しておく。生地の量は瓶の3分の2まで。焼いている間に膨らむので、あとで蓋ができるように少し上を空けておく。

8. 200度に温めたオーブンで約35分、大きめの瓶は40〜45分焼く。

9. 仕上げ用のバターを溶かし、焼きあがったばかりのシュトーレンの上に塗る。その上から粉砂糖を茶こしで降り、熱いまますぐに蓋をする。

1か月くらいは室温で持ちます。(って、プレゼントした同僚たち、あっという間に全部食べちゃったらしいのですが )

ちなみに2、3週間我慢して待った方が味がこなれて美味しくなります。

Archive
Search By Tags

© 2017 Chiharu Abe

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now